最新情報

品川フィットネスクラブが重視している事。その3

その3、脳トレです!!流行りましたのね、脳トレ!ゲームソフトが出ていましたね。

脳トレを行う理由は認知症の予防・進行抑制です。記憶力の低下や考えるスピード、処理スピードの低下を防ぐ事にあります。

認知症には以下の4種類があります。

一番多いのがアルツハイマー型認知症(約60%) です。脳の頭頂葉や海馬に異常が起こりやすく、脳にアミロイドβという物質が沈着して、神経細胞障害が起こり、物忘れで発症することが多く、新しいことを覚えられなくなる短期記憶障害を発症します。進行すると日付がわからなくなったり、家事やお金の管理が出来なくなってしまいます。脳内の海馬に萎縮がみられます(初期には目立たないこともあります)。

次の多いのが血管性認知症 (約20%) です。脳全体の血管に異常が起こり、脳梗塞や脳出血が原因となります。たとえ病変が小さくても、再発を繰り返すことによって認知症になることもあります。意欲低下が目立ち、脳梗塞(脳出血)でみられるような歩行障害や言語障害、嚥下障害をしばしば伴います。脳梗塞(脳出血)を予防することで認知症が進行しないようにします。

最も少ないのがレビー小体型認知症(約10%)で脳の後頭葉や海馬に異常が起き、脳にαシヌクレインという物質が沈着して、神経細胞障害が起こります。幻視(存在しないのに虫や人物がみえたりする)が特徴的な症状です。ほかに嗅覚低下、睡眠中の異常行動(夢をみているときに大声を出す、体を激しく動かす)、パーキンソン症状(動作が鈍くなる、小刻み歩行)などがあります。検査では後頭葉に障害がみられます。

まれに起こる前頭側頭葉変性症は、前頭葉・側頭葉に委縮が起き、人格や行動の変化を特徴とするタイプ(堂々と万引きする、関心がなくなると勝手に出ていく、毎日同じものを食べるなど)、言語がしゃべれなくなるタイプ、言葉の意味がわからなくなるタイプなどがあります。


認知症には様々な種類があって初期症状が異なります。

脳は年齢とともに記憶力や脳の処理スピードは低下し、「あれ」「それ」など言葉を思い出せないシーンが増えてきます。これは前頭葉にある前頭前野の機能低下によるものですが、前頭葉を鍛えるような頭の使い方、いわゆる脳トレをすることで、前頭前野の機能低下に歯止めをかけられます。

品川フィットネスクラブでは空き時間にご希望の方に計算問題、間違い探し、漢字日本語問題、地理問題、歴史問題など様々なクイズや問題を行って頂いています。ご自宅でも行い方にも持って帰って頂いています。

品川フィットネスクラブでは住み慣れた自宅で生活を希望する高齢者が元気に安心して暮らせるように全力でお手伝いして参ります!!何卒宜しくお願い致します!!

送迎付き施設見学・デイサービス体験ご希望に合わせて受け付けています。

ご本人様、ご家族様、ケアマネジャー様


曜日の空き状況や見学についてに詳しい日程等お気軽にお問い合わせください。


✉メール送信&☏TEL➡